白川郷に行きました。

お久しぶりです。

もう3月ですね。

 

 

年末くらい・・・年始くらい・・・と思っているうちに3月です。ちょっと忙しくて。

 

少し余裕が出てきたので、久々に長距離を走ってきました。

ただし、今回はカブじゃなくて車で。

土曜の朝に出発し、日曜の(月曜の?)夜中に帰ってきました。

 

車はH4年式のジムニーです。ただし、自分のものじゃなくて、母の。

自分の車は持ってないんで。

 

車、ほしいですね。維持費を考えると・・・という気持ちになって、結局買えないわけですけど。

どうせ買うならテキトウに選ばず、欲しい車を選びたい!という気持ちがありますから、いろいろ考えるうちに維持費が大変なことになってしまいそうで。

欲しい車もなかなか定まりません。

ロードスターみたいなライトウェイトもいいし、V6のアルファロメオも乗りたい。

もちろん、母の乗ってるジムニーも好きです。

 

大幅に話がズレてしまったので、戻しましょう。

 

今回の期間は2/11・12日の2日間です。

11日が高山、12日が白川郷という日程です。

11日の6時前に出発し、帰宅したのが12日の28時前くらいです。

もう13日月曜日じゃないですか・・・。

 

埼玉から高速に乗り、長野の松本から奥飛騨と乗鞍の間、冬季通行止めの安房峠を避けて安房有料道路を走り、少しすると高山です。

安房有料道路手前あたりは二駆だとズリズリ滑る雪道でした。

途中、車を降りて四駆に切り替え(古いジムニーは車から降りないと四駆にできないのです。)て進みます。

途端にグリップするようになり、四駆の素晴らしさを体験しました。

単純に、後輪にかかってたトルクが分散されて滑らなかっただけ・・・というのもありえますが。

 

 

ダラダラと休憩を繰り返しながら行ったので、到着したのはお昼過ぎくらいでしょうか。

見るところも決めていなかったので、とりあえず飛騨民俗村というところに行きました。

飛騨を語っていますが、立地的には高山駅側で、確実に高山市ですね。

ナントカ村とか、某ランドと似たような感じです。

 

f:id:ikeko50mm:20170302003353j:plain

鈴木敏夫さんここです!

よくできてますね。

 

f:id:ikeko50mm:20170302003358j:plain

なかなか降ってます。

写真を撮るのも面倒になるくらいよく降ってました。

 

f:id:ikeko50mm:20170302003356j:plain

休日にも関わらず人はまばらで、ゆっくり回ることができました。

冬だとこんな感じなんでしょうか。

 

f:id:ikeko50mm:20170302003412j:plain

f:id:ikeko50mm:20170302003410j:plain

これくらいしか撮ってないですけどね!

 

ざっくり撮って、車に引き返しました。

なにせめちゃくちゃ寒いのです。

ちょっと甘く見てました・・・。

 

その後、なんとなく駅前を見て回りました。

古い町並みだったのですが、改装された古民家のようなものが多く、観光地らしい雰囲気が出てました。

 

暗くなる前に高山を出て白川郷へ向かいます。

初高速でありながら、初雪運転でもあったので、日が落ちてからはあまり走りたくありません。ひだの里はこの時期、夜間ライトアップもあるので余裕があれば見たかったわけですが・・・。

 

 

白川郷へは東北道を走るのですが、高山から東北道に乗るまで、高山清見道路という自動車専用道路を走ります。ここは無料区間ですので、ぜひ乗っておきましょう。

秋なんかは下道で紅葉を眺めるのもいいのかな。

 

結局、到着したのは日が落ちてからになってしまいました。

白川郷はいっそう雪が深く、不用意にアクセルを踏むと車体がズリズリと滑ります。

ただ、この頃には車体が滑るのことにも慣れ、なんとなくコントロールできるようになってきますから、不安感はありません。

自分の他に走る車はほとんどなく、道路脇も雪ですから、なにかあってもなんとなかるだろうと、根拠のない安心感が出てきました。

 

さて、到着したらあとは朝を待つのみです。今夜のお宿などという豪勢なものはありませんから、冬の白川車中泊です。

まさか真冬の白川郷車中泊をする人間はそうそういないだろうと道の駅白川郷へ向かうと、すでに10台近くが車中泊をしていました。

ここに混ざるのもなんとなく違う気がしたので、白川郷の展望台へ向かい、そこで眠ることにしました。

ただし、雪の降る冬というのは、エンジンをかけたままの車中泊はご法度。

マフラーが雪で埋まったり、温度が上がらず触媒が仕事をサボってしまうため、車内に一酸化炭素が回る危険があります。

なので本来は事前に準備をし、暖かい格好で眠るのですが・・・手元にあるのは貼るカイロ20枚だけです。

仕方ないのでこれを全身に貼り付け、朝までやり過ごすことにしました。

夜中に5回くらい目を覚まし、そのたびに体勢を替えてなんとか眠ります。

 

f:id:ikeko50mm:20170302005238j:plain

午前6時です。

もういいや・・・と外に出ると、車が雪に覆われていました。

車高の高い車なのでわかりにくいですが、ミニバンなんかではもうダメでしょう。

前日、お風呂に入れなかったので白川郷の湯に向けて出発します。

 

f:id:ikeko50mm:20170302005431j:plain

ジムニーには通常の四駆のほかにL4というのがあり、全体のギア比がロー側に振ることができます。

これがかなりパワフルで、道なき道を走るときに使うそうです。

山を登ったり、川を渡ったりできるようです。

パワーのない軽自動車にも関わらず、除雪車のように雪をかき分けてグイグイ進みます。

 

白川郷の湯については、もう何度も入っているので特筆することもないんで割愛・・・

白川郷では数少ない温泉なのかな。

温かいです。

 

 

f:id:ikeko50mm:20170302005846j:plain

公営駐車場から白川郷へ続く橋です。

高山とは打って変わって、大型バスが観光客を満載して出入りしています。

半分以上がインバウンドなのではという感じがしました。

 

f:id:ikeko50mm:20170302010100j:plain

雪の白川郷は一度見たいと思っていました。

やっと夢がかなったような気がします。

 

f:id:ikeko50mm:20170302010146j:plain

すごい雪です。この重量によく耐えるなと感心します。

 

f:id:ikeko50mm:20170302010305j:plain

ひとしきり感動して、さっさと車に逃げました。

なんせ豪雪です。

もっとこう、白い雪と青い空が見たかったのですが、意図せず厳し日本の冬を撮ることになってしまいました。

寒くてやってられないです。

f:id:ikeko50mm:20170302010429j:plain

「ます園文助」というお店で食べました。

敷地内の生け簀で育てているそうです。

古民家をそのまま使ったような佇まいで、落ち着きます。

注文が入ってから調理を始めるので、提供まで少し時間がかかるのですが、庭の景色を見てゆっくり待ちます。

 

食べ終わったらそのまま帰ります。

高速を使うとはいえ、あまりゆっくりしていると遅くなってしまうのが目に見えていたので。

結局、13日の4時前になってしまうわけですが・・・。

事故るよりは遅くなる方がマシ!ということで、ちょこちょこ休憩しながら帰ったので、しょうがないかなと。

 

久々の長距離でかなり疲れました。

思った以上に写真も撮らなかったので、また行きたいですね。

白川郷は毎年4回は行ってもいいような場所ですね。いいところです。

また春になったら行きたいですね。

 

春は春で、他に行きたい場所があるんですけどね!

 

秋が始まりそう

台風続きで、毎日のように雨が降りますね。

ここ数日、すこーしずつ晴れ間が見えるようになってきましたが、来週もまた怪しいようです。

 

そんなわけで、今年は台風が多いなぁと思っていたのですが、特別そういうことはないみたいです。

 

 

カブの方ですが、忙しさからちょっと今月は長距離走れないな-と思ってますので、こんなのでお茶を濁そうという写真です。

彼岸花も終りを迎え、落ち葉が増え、少しずつ広葉樹が色づき始める・・・という季節の変わり目ですね。

地元を散歩してみました。

 

子猫です。カメラのストラップを振り回すと飛びつくので、1時間くらい遊んでました。

f:id:ikeko50mm:20160929220613j:plain

f:id:ikeko50mm:20160929220616j:plain

 

撮りに行くタイミングもなく、終わりを迎えつつある彼岸花

f:id:ikeko50mm:20160929220620j:plain

f:id:ikeko50mm:20160929220627j:plain

 

 

 

ここのお寺は、もう少しすると真っ赤になります。

f:id:ikeko50mm:20160929220631j:plain

f:id:ikeko50mm:20160929220635j:plain

f:id:ikeko50mm:20160929220636j:plain

 

 

 

狛犬さんのオシゴト、警備員。

f:id:ikeko50mm:20160929220639j:plain

 

 

紅葉はなにか撮りに行けますように・・・。

 

カブ90でビーナスライン

先月ぶりです。

今年の梅雨は長く感じますね。毎日朝から晩まで降り続くというより、毎日ちょこちょこ降るといった感じですね。

朝起きて降っていないしカブに乗っちゃおうかとか、でも昼には降りそうだとか、どうにもモヤッとした天気の日ばかりでした。

どうせ降るんじゃないかと家に篭っていてると結局降らなかったり、賭けて家を出ると降ったり・・・そんなんばっかです。

 

そんな中、見事快晴をキメてくれた7月の10日に、長野の友人とビーナスラインを走ってきました。

タイトル通り、自分がカブ90で、友人がHYOSUNG(ヒョースンと読むらしい)のRT125Dというバイクです。

このRT125D、韓国メーカーらしいのですが、スズキからの技術提供を受けたんだかなんだかで、意外とよくできてるみたいです。リアタイヤが異常に太かったり、スイングアームが妙な形してたり、不思議なところはありますが、悪くないみたいです。

 

朝、自分は5時くらいに家を出たのですが、こちらが埼玉で友人が長野ということで諏訪あたりで合流し、一緒に走ったのは実質ビーナスラインの中だけという感じでした。

152号線からビーナスラインに入り、白樺湖霧ヶ峰、八島ケ原高層湿原を通り、142号線で諏訪湖に戻るルートです。

今回、どちらも125cc以下のキャブ車ということで、標高の高い美ヶ原には行きませんでした。

 

白樺湖を抜けた先の展望台、ちょうど下側に白樺湖が見えます。

友人曰く、白樺湖人造湖らしいです。

左がRT125Dですが、250ccでもいいような車格です。

リアは、250ccでも太すぎるくらい太いですが。

f:id:ikeko50mm:20160801010716j:plain

 

道は勾配がきつく、125cc以下では車の流れに乗るのが精一杯という感じで、平日や空いてる季節はちょっとつらいかもしれません。

必死にアクセル開けて霧ヶ峰高原までやってきました。

この辺りで、元から濃い目だったカブ90は被りまくり、まともに始動しないし、1速入れるとエンストする始末です。

f:id:ikeko50mm:20160801010719j:plain

 

こちらはニッコウキスゲ。正しくは禅庭花(ゼンテイカ)で、ニッコウキスゲは一般的な呼ばれ方だそうです。

これ以上カメラを下に向けると、ロープが貼ってあって・・・人の侵入というより、鹿が荒らすようで、電気柵が設けられていました。

f:id:ikeko50mm:20160801010722j:plain

 

霧ヶ峰高原にある山小屋(兼カフェ?)のころぼっくるひゅってでコーヒー休憩。その裏手あたりから見える風景です。

雲の影が気持ちいいですね。

f:id:ikeko50mm:20160801010724j:plain

 

こちらも、ほぼおなじ位置から撮ったものです。

自分でもPCに取り込むまで見落としていたのですが、ど真ん中にグライダーが写っています。

こんな青空の日に高原の上を飛んでみたいものです。

消そうと思えば消せるのですが、そのままで。

f:id:ikeko50mm:20160801010726j:plain

 

なんだかんだで、霧ヶ峰の写真ばかりですね。

知名度の高さも頷ける景色です。

 

この後は、道なりに諏訪湖まで戻り、適当に喋って解散です。

割りと早い時間に降りてきたのですが、ダラダラ帰ったので帰宅は22時に・・・。

帰宅早々に写真を取り込んでいると、左肩に痛みが・・・筋肉痛とも違う、寝違えた感じでもない・・・どうにもフロントフォークの歪みが肩に負担をかけていたみたいです。即、交換。

カブで伊豆ツーリングしてきました。

ども、1ヶ月ぶりくらいでしょうか。

ここんところ、雨続きで憂鬱になりますね。

写真を撮るという意味では雨も好きなんですけど、カブに乗るとなると・・・やっぱり晴れていてほしいものです。

 

先週は夜中に降っては昼頃にやむ・・・という天気が続きましたね。

そんな中、伊豆に行った日曜日は朝からなんとか雨は降らず、いい天気と言い切れないまでもカブで走るには悪くない天気でした。

 

朝5時半に家を出て、16号線を走り、129号線を海沿いへ下り、そのまま1号線をかすって伊豆半島へ・・・

道の駅伊東マリンタウンに地図を合わせ、9時半に到着。

伊東マリンタウンといえば、日本とは思えないカラフルな建物で、一番派手な色使いの道の駅なんじゃないかなぁと、勝手に思ってます。

f:id:ikeko50mm:20160628212647j:plainf:id:ikeko50mm:20160628212841j:plain

f:id:ikeko50mm:20160628212713j:plain

そーいえば昔、家族で伊豆へ行ったときに寄ったのですが、なーんかそのときはもっと大きい建物に感じたような・・・なんででしょうね。

 

 

起きてから何も食べずに出発し、休憩もなしにここまで来たので、海鮮でも食べたいなーとマリンタウン内をふらついて見たのですが、気になった店は11時から・・・しかたがないので、マリンタウンを出て、海沿いを走りながらいろいろ探してみたのですが、基本的に11時からというお店ばかり。

結局、面倒になって適当にコンビニで済ませ、またフラフラと海沿いを先っぽのほうへ。

f:id:ikeko50mm:20160628213037j:plainf:id:ikeko50mm:20160628213109j:plain

なんとなく晴れてきた?ような気がします。

伊東マリンタウンあたりはまだ、曇っていました。

 

そのうち、道は海沿いを外れ、アップダウンの激しい山道のような感じになってきたのですが、城ヶ崎の看板が出てきたので道を外れ、海沿いへ下ります。

城ヶ崎の周囲にはいくつか駐車場があり、ゲートがついた有料駐車場なのですが、脇に二輪用のゲートのない入り口があり、「二輪無料」とのことです。

ありがたい、駐車料金だと思って後で何か買おう。

 

f:id:ikeko50mm:20160628213429j:plain

ザッパーンです。

断崖絶壁に打ち付ける波、ザッパーンです。

 

 

f:id:ikeko50mm:20160628213519j:plain

ザッパーーーン!!!!

 

ここまでくるとちょっと怖いですね。

 

f:id:ikeko50mm:20160628213659j:plain

2つ上の画像の、先っぽのほうです。

こっちは怖いってか・・・落ちたら死んじゃう。

大きい望遠レンズをつけた老人が、崖ギリギリのところでしきりに海鳥を撮っていました。

すげーなじーさん・・・

 

f:id:ikeko50mm:20160628213852j:plain

そーいえば、城ヶ崎のそばにある伊豆四季の花公園なるところでは、あじさい祭りが開かれていました。

城ヶ崎の後で寄ろうと思っていたのですが、駐車場から城ヶ崎までかなり歩いたので、ぐったりで・・・来年行きます。

これは、駐車場から城ヶ崎までの道中で撮ったものです。

 

城ヶ崎を堪能し、また元の道に戻り、海沿いを走ります。

このまま下田まで一気に行こうかな-と思っていたのですが、道の途中で細野高原なる看板を発見。その下には、長めの良さそうなピクトグラムが書いてあり、吸われるようにそちらへ・・・

さきほどは海沿いでしたが、こんどはさらに山側へ上がっていきます。

 

f:id:ikeko50mm:20160628214958j:plain

紫陽花とか、咲いてました。

 

さらにあがります。もうほとんど峠道で、特に眺望が開けるような気配もなく・・・高度とカブの油温ばかりが上がり、途中で一休みしていると、どこからか車いすの老人が登場。

どうやってここまで来たのかよくわかりませんが、曰く「一見の価値がある。」そうで、エンジンが冷えるのを待ってからもう少し登ってみました・・・

f:id:ikeko50mm:20160628215222j:plain

ババーンな感じで、突然視界が開けました。

さっきまでの山道はなんだったのかと。

下界の眺めがいいんだろうなぁ程度の気持ちだったので、かなり興奮しながら撮ってました。

 

f:id:ikeko50mm:20160628215407j:plain

綺麗です。見計らったように、快晴です。

終始ニヤニヤしっぱなしです。

 

で、さきほどの写真に写っていた風力発電機ですが・・・

f:id:ikeko50mm:20160628215525j:plain

f:id:ikeko50mm:20160628215541j:plain

近くまでカブで上がれます。

道は遊歩道よりちょっと広い程度ですが、なんとか車でも上がれるようです。

上のカブの写真ですが、別に高原の中をカブで走り回ったわけではなく、ここ、駐車場の隅っこなんです。

楽しい。

 

ここからは徒歩です。

駐車場に「ここから山頂まで30分。途中に絶景あり」とのことでしたので、登ることに決めました。

 

f:id:ikeko50mm:20160628215853j:plain

完全な遊歩道です。スニーカーだったので、割りとしんどいです。絶景、はよ。な感じで。

 

f:id:ikeko50mm:20160628215941j:plain

天空のベンチ。スイスか何かですかね・・・。

なぜか座らなかったけど、座ればよかった。

 

f:id:ikeko50mm:20160628220033j:plain

ベンチの先は、下界を見下ろす絶景です。写真じゃ伝わりにくいのですが、ってか実際にもよくわからないのですが、海と空です。どこが境目なんでしょう。

 

f:id:ikeko50mm:20160628220204j:plain

山頂はすぐそこです。風力発電機も、山頂にあるようです。

 

f:id:ikeko50mm:20160628220322j:plain

山頂に上がると、当然メェ~です。辺りには芝刈りのおじさん一人しかいませんでしたから、かなり混乱しました。

こんなところに、繋がれたヤギが・・・

彼は(彼女は?)1日この絶景を眺めて過ごしているようです。いいなぁ・・・さて、降りましょう。

 

f:id:ikeko50mm:20160628220507j:plain

下り際にもう1枚。

本当に、絶景です。

 

これを見れたあたりでもう、今回のツーリングは行ってよかったなぁと、満足しきっていましたので、このまま一気に下田の道の駅甲斐国下田みなとまで走ります。

 

f:id:ikeko50mm:20160628220804j:plain

下田みなとの港に停まっていた海上保安庁の船と。

 

 

予定外の絶景を眺めていたので、道の駅に着いた時刻は16時半。

片道200km程度ですから、行きの時間を考えるともう帰路につく時間です。

結局、海っぽいものは食べていません。何にしようかなぁと調べていると、道の駅内になるカフェ、CAFE&HAMBURGER Ra-Maruというところの金目鯛バーガーなるものが有名なようです。

海鮮じゃないけど、せっかくだし食べてみましょう。

1つ、1000円。たっか!

 

f:id:ikeko50mm:20160628221223j:plain

でもうっま!最高にうっま!

16時半で営業終了だったので、テイクアウトして海沿いで食べます。港にカブを停め、その上で食べるバーガー、旅の〆には悪く無い贅沢感です。

 

さて、帰ります。夕暮れの海沿いも好きですが、せっかくなので下田から中伊豆に上がり、山道を走ります。

熱海あたりでまた海沿いに戻り、そこからは行きと同じルートで、22時半に帰宅です。

走行距離399km!あと1kmで400kmでした。おしい!

あいさつがわりに

はじめまして。

ブログ、はじめました。いけこです。

 

ブログなんて、何年ぶりだろう?むかーし、やってた気がするけど・・・。

Twitterの台頭でブログなんて時代遅れだと思っていたけれど、何を書いても数秒で流れる環境に少し飽きてきたので、ブログを始めることにしました。

アニメを見たり、カブに乗ってどこかへ行ったり、写真を撮るのが好きなので、写真とか、雑記とかそんな感じで、聖地巡礼なんかも、いろいろできたらなぁと。

 

そんなわけで、あいさつがわりに、4月に行った広島県 竹原市の写真を何枚か、貼っておきます。

4月6日発、桜の季節に行ったので今更?な感じですが・・・。

 

竹原市町並み保存地区近辺

f:id:ikeko50mm:20160518051727j:plain

f:id:ikeko50mm:20160518051732j:plain

f:id:ikeko50mm:20160518051752j:plain

f:id:ikeko50mm:20160518051757j:plain

f:id:ikeko50mm:20160518051755j:plain

さくら

f:id:ikeko50mm:20160518051810j:plain

f:id:ikeko50mm:20160518051813j:plain

f:id:ikeko50mm:20160518051830j:plain

f:id:ikeko50mm:20160518051836j:plain

電車

f:id:ikeko50mm:20160518051845j:plain

f:id:ikeko50mm:20160518052024j:plain

 

安芸の小京都なんて言われてるらしい竹原、平日ということもあってか、なかなかゆったりと散策できたので、おすすめです。

 

Twitterなんかもありますので、よかったらちらっと見てってください。